会社案内

運輸安全マネジメント

  轄蒼y運輸機構部は、運輸安全マネジメントに取り組み、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

1.輸送の安全に関する基本的な方針
 経営トップは、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるとともに、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
 輸送の安全に関するPDCAを実行し、運輸機工部全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公開する。
2.輸送の安全に関する目標
 平成30年度目標 「一般公道における加害事故ゼロを目指す」
              「荷役作業における事故ゼロを目指す」
                        「安全運転、安全輸送に努める」
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
 平成29年度  0件
 平成28年度  0件
4.輸送の安全に関する教育計画
 平成30年度
・デジタルタコメーターによる個別指導                               随時
・ヒヤリハット情報の収集                              随時
・運輸機構部全体会議時の安全教育                毎月
・轄蒼y安全大会の開催                         7月
・新適性診断システムによる適性診断の実施、指導       随時
・ドライブレコーダー搭載による安全運転の推進         随時
・運転者への点呼時の安全教育                   毎日
・健康診断による運転者の健康管理の強化を行う
 
ページトップ